世界中のカジノでプレイされているメジャーなルーレットは、オンラインゲームとしても人気を博しています。プレイヤーはディーラーに対して1対1でゲームを行い、ディーラーの投げた球の落ちる先を予想するというシンプルなゲームです。

回転盤には黒色と赤色に振り分けられた1~36と0が円盤に並べられています。0は緑色で、0のみをつかうのがヨーロピアンスタイル(合計37区分)、0と00を使うのがヨーロピアンスタイル(合計38区分)です。

ルーレットの発祥と歴史

ルーレットは「カジノの女王」という別名をもち、最もポピュラーなカジノゲームの一つです。ルーレット(Roulette)はフランス語ですが、その由来はオカ(Hoca)と呼ばれるイタリアに存在したゲームにあるといわれています。

ゲームの普及の際に様々なスタイルに派生し、現在では「ヨーロピアンスタイル」と「アメリカンスタイル」の2つが主流です。「ヨーロピアンスタイル」はヨーロッパ各国やフィリピンなどで採用されており、「アメリカンスタイル」はアメリカや韓国で採用されています。

ルーレットの遊び方

ルーレットのルールはシンプルで、回転盤に投げられたボールがどこに落ちるかを当てると、ベットに対して配当がもらえます。予想を外した場合はベットは回収されます。

予想の仕方はさまざまで、特定の数字1つ、複数の数字、色、奇数/偶数などの掛け方があります。予想を的中させた際、掛けた範囲が狭い場合には高い配当、広範囲に掛けた場合には相応に低めの配当が返ってきます。

例1)数字の1目掛(特定の1つの数字にかけること)

1/37の確率→36倍の配当

例2)偶数/奇数/赤/黒にかける場合

18/37の確率→2倍の配当 (対のオプションを同様のオプションとみなすために0は偶数としてカウントされず、色は緑となっています。)

勝つために知っておきたいこと

確率的にプレイヤーはカジノ側に対してわずかに不利に設定されています。また一回一回のルーレットは独立事象であるため、赤が2回連続で出たから次は黒が出やすい、出にくいといったことはありません。その点において、手札や場に出たカードの数字が山札にある確率をある程度推測できるポーカーとは本質的に異なる性質を持つゲームといえます。しかし、負け続けた時にあえて掛け金を増やし、一度の予想的中で損益合計をプラスにする掛け方をするココモ法など様々な考察がオンライン上でなされています。まずは様々な戦略を学び、オンラインのルーレットで実践することで、腕を磨きましょう。

リスクとリターンを理解してルーレットをお楽しみください!