ワイルドオリエントスロット(Wild Orient Slot)の特徴

Wild Orient Slotはマイクロゲーミング(Microgaming)開発のビデオスロットゲームです。5リール、3行のスロットは243の全方向ペイラインを持ちアジアの野生動物をテーマにしています。

ゲームのシンボルは象、虎、パンダ、猿、鶴の5体の動物シンボルが高配当シンボルとして用意されています。低配当シンボルはスタンダードでA、K、Q、J、10、9の6つで構成されています。その他には2リールと4リールのみに現れるワイルドとスキャッターシンボルがあります。

ゲームの特徴的なボーナスはスキャッターを3つ出すことで起動できる15回のフリースピンボーナスです。ボーナス中の配当は全て3倍され、フリースピンはスキャッター3つ出すことで追加することができます。

プレイ上の特筆すべき性質として1リールごとにリスピンができることが挙げられます。この機能は243の全方向スロットと相性がよく、配当をぎりぎりで逃してしまった回などでもリスピンでシンボルを修正することも可能です。またスキャッターシンボルが2つリールに出ている状況などで、必要ベットの低いリールをリスピンしてフリースピンボーナスを狙うのもよい作戦の一つでしょう。

たろ爺によるWild Orient Slotの評価

Wild Orient Slotはボーナスはフリースピンボーナスの1つのみで、テーマも月並みながら243のペイラインとリールごとのリスピンフィーチャーが非常に魅力的なゲームです。

通常のスロットではベットをしてリールを回す作業が多いですが、このスロットでは自分で考えたり作戦を立てながらリスピンを利用することでゲームをより楽しむことができます。リスピンの回数も制限されていないため、同じ作戦で粘りながら特定のシンボルを狙うことも可能です。

リスピンフィーチャーや動物のテーマが好きな方は是非ワイルドオリエントスロットをフリープレーなどで体験してみてください。

特に惹きつけられなかったと感じられたプレーヤーにはマイクロゲーミングの人気ゲームであるイモータルロマンスやアバロンツーなどが無難なチョイスかもしれません。こちらもたろ爺がレビューしていますのでぜひご覧ください。