ストリートマジック(Street Magic)の特徴

Street Magicはプレインゴー(Playn’ GO)開発のビデオスロットゲームです。5リール、4行のスロットは20のペイラインを持ち、マジシャンがテーマのスロットです。

Street Magicのシンボルは10種類で低配当シンボルにはダイヤモンド、クラブ、ハート、スペードの4つのトランプマークがあり、高配当シンボルは手錠、エースに刺さった剣、時計、指輪、南京錠があります。その他に金色のカード3枚に紫でwildと書かれたワイルドシンボルや、ワイルドとスキャッターシンボルとしての効果を持つマジシャンがあります。

このワイルド兼スキャッターシンボルのマジシャンを2つ以上リールに止めるとミニボーナスがもらえます。このボーナスが発生すると3枚のカードから1枚を選び指定された以下の特殊ボーナスがもらえます。

The Transporting Man: フリースピンがもらえるマジシャンのシンボルがリールに追加されます。

The Wild Shuffle: 4つのワイルドがリールに追加されます。

The Expanding Man: スキャッターシンボルがリール全体を覆い、2列がワイルドリールになります。

その他に注目しておきたいStreet Magicの特徴はStreet Magic Free Spinsです。これは1、3、5行目のリールにマジシャンのシンボルを止めた時にもらえるボーナスです。このボーナスが始まると3枚のカードから1枚を選択しフリースピンの回数を決定します。それぞれのカードが8、10、12回のフリースピンに対応しています。ボーナスモードではワイルドは全てスティッキーワイルドになり、各リールにワイルドが出続ける限り4、6、8回のフリースピンがさらにもらえるというお得な使用になっています。

たろ爺によるStreet Magicの評価

Street Magicは名前の通りマジックとマジシャンがテーマのゲームです。デザインと音楽はテーマに見合っていて、サウンドエフェクトもマッチしています。プレイ上ではボーナスモードでフリースピンがもらえてからさらにフリースピンを獲得できたり、スティッキーワイルドがリールに回っていたりと悪くないボーナスの特徴を備えています。

一方でテーマ自体が少しニッチであまり人気の出にくい点や、マジシャンのデザインが少し胡散臭かったりと、誰にでも好まれるようなゲームではないかもしれません。ペイアウト率は96.48パーセントで他の人気ゲームに比べても高い水準を保っているのでゲームのデザインやコンセプトが気にならない方や気に入った方はStreet Magicをプレイしてみるのもよいかもしれません。