マジックドラゴン(Magic Dragon)の特徴

Magic Dragonはゲームアート(Gameart)開発のビデオスロットゲームです。5リール、3行のスロットは243のペイラインを持つ全方向スロットで華やかな中国文化をモチーフに作られています。ゲームは赤色と金色のきらびやかな背景に、黄金のリールが手前にデザインされており、左上にはゲームタイトルと金色の龍が描かれています。

ゲームのシンボルは5種類の高配当シンボルと6種類の低配当シンボルで構成されています。高配当シンボルには獅子舞、狛犬、ドラゴン、鯉、「運」と書かれた巾着が用意されており、すべて金色をベースに描かれています。低配当シンボルはA、K、Q、J、10、9が存在します。スキャッターは小判が目印のシンボルが使用されており、ワイルドにはゲームとともにデザインされている龍が用意されています。

ゲームには3つ以上のスキャッターシンボルを出すことによって発動するフリースピンが搭載されています。このボーナスでは1リール目と5リール目に赤色の巾着が出るたびに賞金が支払われます。賞金の額はトータルベットの2、5、10、15、20、50倍からランダムに選ばれます。

またこのゲームにはギャンブルフィーチャーも搭載されていて、裏向きのカードのマークの色を当てることで配当を倍にする勝負に挑戦することができます。

たろ爺によるMagic Dragonの評価

Magic Dragonはフリースピンでのトータルベット50倍の賞金が特徴的なスロットです。フリースピンにおける赤色の巾着シンボルがトリガーとなる賞金システムと通常ゲームでのギャンブルシステム以外には特に目立った特徴はありませんが、人気の中国文化をモチーフに作られている見た目のいいスロットという点ではまずまずの出来栄えです。

RTPは96%と平均的な水準を保っています。ゲームを体験してみたい方はページ上部からフリープレーが楽しめます。たろ爺は他にもGameartのスロットをレビューしていますので、お気に入りのゲームを決めきれていない方は他の記事もご覧ください。