ハンゾー道場(Hanzo’s Dojo)の特徴

Hanzo’s Dojoはユグドラシル(Yggdrasil)のビデオスロットゲームです。5リール、3列のスロットはルーフトップスロットと呼ばれるスロットが上に乗っかる形で表示されています。スロットには25のペイラインがあり相撲取りであるHanzo、武士、舞子、忍者の4つの高配当シンボルと赤、紫、青、緑のどこかの家紋のような低配当シンボルがあります。

またワイルドシンボル、フリースピン、様々なブースター、マルチプライヤーなどボーナス機能が非常に充実しています。下記で説明するルーフトップスロットもHanzo’s Dojo独特のお得な機能の一つです。

ルーフトップのシンボルが特定の並びになった時ボーナスがもらえます。例えばHanzoが3つ揃うと下のスロットの中央3×3がHanzoになり当たりを当てやすくなります。他にもワイルドシンボルがでるとエクスパンディングワイルドになりそのリール列が全てワイルドに変わります。

名前からもわかるように日本をテーマとしたHanzo’s Dojoは日本や中国を思わせるアジア風の雰囲気で作られていて、日本人にとっては馴染みやすいテーマかもしれません。

たろ爺によるHanzo’s Dojoの評価

たろ爺によるこのゲームの評価は非常に高いです。理由は何といっても充実したボーナスにあります。上述のエクスパンディングワイルドやHanzoが固定される機能のほかにも3つ以上のフリースピンシンボルを出すことでできるフリースピンでは真ん中の3リールの横列は3×3の大きなシンボルが回っていて配当をゲットしやすく、ブースターと呼ばれる機能もあります。マルチプライヤーや左と右の両方からカウントをするもの、5つ目のリールが全てワイルドになるものなど計5つあります。

ペイアウト率は96.1パーセントでハウスエッジがこれより低いゲームはありますが、それでもHanzo’s Dojoのボーナスは魅力的です。スロットをプレイする上でボーナスの種類が多かったり仕組みが複雑と感じる人も多いかもしれません。もしこの記事を読んで興味がわいた方やボーナスについてプレイしながら学んでみたい方は当ページでフリープレイを試してみてください。気に入っていただけたらカジノサイトでプレイすると楽しめると思います。ぜひたろ爺一押しのHanzo’s Dojoで和風カジノをプレイしてみてください!