ドワーフゴーンワイルド(Dwarfs Gone Wild)の特徴

Dwarfs Gone Wildはクイックスピン(Quickspin)開発のビデオスロットゲームです。5リール、3行で20のペイラインを持つこのスロットはグリム同派の白雪姫と七人の小人を題材にアレンジが加えられて作られました。

白雪姫がテーマなだけあって白雪姫と7人の小人はシンボルになっていて、なんとこの全てが高配当シンボルです。また低配当シンボルはA、K、Qの3つのみです。一番リターンの高いシンボルは白雪姫で1つのペイラインで掛け金の60倍の配当がかかっています。

プレイ上で注目するべきなのは魔法の鏡(Magic Mirror)シンボルで中央のリールに現れるとMagic Mirror featureが始まりボーナス配当を勝ち取るチャンスです。この時白雪姫のシンボルがリールに300個追加され白雪姫での並びを作れる確率が上がります。その上に2回のフリースピンも回せるので魔法の鏡はお得なシンボルです。

他にもBONUSと書かれた宝石のようなシンボルが3つ出るとボーナスモードに入ります。ここで画面左側にあるGolden Minecart フリースピンボーナスがたまっているとお得なDwarf Featuresという各小人の特殊効果がうけられます。エクスパンディングワイルドやローリングワイルドなど勝利の確率をあげてくれる7つのボーナスがありますので、通常プレイ時から小人を揃えてゲージをためるのがよさそうです。

たろ爺によるDwarfs Gone Wildの評価

クイックスピンのゲームの中でDwarfs Gone Wildはエンターテイメント性の面で高く評価できます。白雪姫モチーフのゲームは見ていて楽しいですし小人それぞれがオリジナルのボーナスを持っているのも面白いです。

また名前の通り小人はワイルドな見た目をしていて決してかわいいとは言い切れない点が面白くもあり興味をそそります。このようなテーマのスロットは珍しく、おとぎ話らしい音楽とクオリティーの高いデザインが気に入った方にはおすすめのスロットです。

大きく勝ちに行くならば最大5倍のマルチプライヤーが狙える点やGolden Minecraftフリースピンであたりを出やすくできる点はプレイヤーに気に入られる点かと思います。

2018年にクイックスピンが出したゲームの中での最良のものの1つともいわれていますので、気になった方はフリープレイなどで試してみていただければと思います。