アークエンジェルズ:サルベーション(Archangels: Salvation)の特徴

Archangels: Salvationはネットエント(NetEnt)社開発のビデオスロットゲームです。6リール、12行のスロットは100個のペイラインを持ち、天使と悪魔の戦いをテーマに作られています。縦に長いユニークな形のスロットは左側に翼を持った天使と氷山が、右側には角を持った悪魔とマグマが描かれています。

ゲームのシンボルは天使のシンボルと悪魔のシンボルの2種類に大きく分けられています。高配当シンボルにはブロンドの天使と黒髪の悪魔が存在し、これらはスタックドシンボルとなっています。中配当シンボルには天使の青いシンボルが2つと悪魔の赤いシンボルが2つ用意されていて、すべて配当の設定額は同一です。低配当シンボルも同様に同水準の配当が設定された4種類のトランプマークが用意されています。ゲームにはワイルドシンボルも搭載されていて、2×2のスタックドワイルドとして登場することもあります。

ゲームの特徴はボーナスフィーチャーを起動する鍵となるホットスポットエリアです。これはリールの上に2行と下2行が「ホットスポット」として赤くデザインされていて、このエリアに2×2のワイルドシンボルを出すことでヘブンフィーチャー(Heaven Feature)とヘルフィーチャー(Hell Feature)を起動することができます。

ヘブンフィーチャーではホットスポットエリアにスタックドワイルドをフルで出すと4つの並んだワイルドがランダムで生成され、一部だけだと2つが生成されます。ヘルフィーチャーではスタックドワイルドがホットスポットエリアに一部出ると8個、全部出ると16個のワイルドがばらばらにリールに出現します。これらのフィーチャーはホットスポットエリアにワイルドを出すことで再起動することも可能なため、運がよければ連続でボーナスフィーチャーを楽しむことも可能です。

ゲームにはフリースピンも搭載されていて、Sが目印のスキャッターを3つ以上出すことで10回のフリースピンが与えられます。回数はスキャッターシンボルの数に依存し、4つで15回、5つで20回、6つで25回が設定されています。

たろ爺によるArchangels: Salvationの評価

Archangels: Salvationは天使と悪魔の戦いをテーマに作られ、ヘルフィーチャーとヘブンフィーチャーが特徴的なスロットです。リールが縦に長くユニークなだけでなく、最上部と最下部はホットスポットエリアとしてボーナスフィーチャーを発動するカギを握っています。

リール上のシンボルは少し見づらいですが、左右の天使と悪魔は非常にきれいにデザインされていて、高く評価できます。気になる方はぜひフリープレーからゲームを体験してみてください。