クラップスと聞くと日本ではあまりなじみのないと思う人も多いかもしれません。海外ではクラップス(Craps)は人気なカジノゲームの1つで、サイコロを使って遊びます。サイコロを盤上で2つ振り、その出目によってディーラーとの勝敗を争います。

クラップスの発祥と歴史

正式には確かではありませんが、クラップスは十字軍遠征が行われていた11世紀ころに発達したハザード(hazard)というゲームを簡易化したものと呼ばれています。ハザードがヨーロッパからアメリカに伝わり、アメリカで人気のギャンブルの1つとなったものがクラップスです。クラップスは戦時中兵士によってもプレイされ、当時はストリートバージョンのクラップスが親しまれていました。現在ではオンラインでも世界中で広くプレイされています。

クラップスの遊び方

クラップスは複数のプレイヤーとカジノ側に分かれ行われます。サイコロを投げるプレイヤーは「シューター(shooter)」と呼ばれ、さいの目に対してプレイヤーはさまざまな賭けをすることができます。

最初のシューターが投げた2つのさいの目はカムアウトロール(come-out roll)と呼ばれ、合計が7,11の場合ナチュラル(natural)でプレイヤーが勝つことに賭けた全員が勝利します。反対に2,3,12がでることはクラップス(craps)と呼ばれ、プレイヤー側に賭けた全員が負けます。クラップスというカジノにおいて、プレイヤーは協力して、カジノ側と対立する傾向があるため、大抵の場合シューターが勝つことに賭けます。これをパスライン(pass line)に賭けるといい、負けることに賭けることをどんとパスライン(don’t pass line)に賭けるといいます。

ナチュラルとクラップス以外の数字が出た場合(4,5,6,8,9,10)は数字がポイントとなり、次のラウンドに進みます。シューターが以後のさいの目で7を出すとパスラインは全員負け、盤上で指定された数字を出すとパスラインは勝利できます。2つ目のラウンドに進んだ際に任意のタイミングで参加し、シューターの勝利に賭けることをカム(come)といい、その反対をドントカム(don’t come)といいます。その他にもあらゆるさいの目の出方に対して掛け方とその名前が用意されています。

勝つために知っておきたいこと

クラップスは掛け方によって控除率が大きく異なり、中にはオンラインカジノで最小レベルの控除率をもつ掛け方も存在します。そのため、資金の激しい現象を抑える意味では控除率に注目し、控除率の低い賭けをするとよいでしょう。

またオンラインカジノとしてのクラップスの利点として、ドントパスやドントカムに賭けることが可能です。実際のカジノでも可能なのですが、多くの場合暗黙の了解としてタブーとされています。クラップスは掛け方と覚えることが多いですが、最低限遊ぶにはパスライン、ドントパスライン、カム、ドントカムの違いを理解していればプレイできます。そこから少しずつ知識を広げていき、様々な掛け方をマスターしましょう。