スウェーデンのScout Gaming GroupはDigitainでのサービス提供を宣言

5月 17, 2019

スウェーデンでのスポーツベットとプールベッティングシステムの革新者であるScout Gaming Group AB社はカジノプラットフォームプロバイダーのDigitain社でのサービス提供に合意したことを発表しました。 ストックホルムに本社を置く同社は合意されたサービスの提供は遅くとも第2四半期までには完成させたいとコメントしています。同社最高経営責任者のAndreas Ternström氏は「Digitainは業界最大手のプロバイダーで我々のネットワークに大きく貢献するだろう」と述べています。 またコマーシャルオフィサーのSuren Khachatryanは「DIgitainは常に提供するサービスの改善に努めており、今回のスカウトゲーミンググループとの合意は同社が業界でのグローバルなネットワークとファンタジースポーツゲームを提供する能力に最も長けると判断しての決断だ」とコメントしています。 Digitainは1999年にアルメニアで宝くじのサービスを提供し始め、アフィリエイトサービスの提供を経て、現在ではソフトウェア・プラットフォーム・スポーツブックプロバイダーとして活躍しています。また同社は総計1300の従業員、350以上の実地の店舗を世界中に展開しており、iGaming(アイゲーミング)産業において他に50以上の顧客を持つ巨大私企業であることからもこの合意がDigitainと市場に与える影響に注目が集まっています。